ANAの株式優待券を有効活用させよう

スターフライヤーの飛行機

ANAの株式優待券を有効活用させよう

ANAの株を保有しているという場合、年に2回株主優待券の配布を受けることができます。
これらを上手に活かしていくことでお得に飛行機・関連会社などのサービスを取り入れていただくことができるでしょう。
そこで、活用方法などについてここでは見ていきたい思います。

航空運賃について

使い道として一番に考えるのが航空運賃でしょう。
ANAの場合、国内営業と限定されていますが片道1区間を半額程度で利用していただくことが出るのです。
大人利用でなければならないというガイドラインは設けられていません。
詳細について言えば、3歳から優待券を利用していただくことができますので、ご家族全員で取り入れていただくという事もしやすいのです。

適用についてですが、普通座席となっております。
もし、クラスアップをしたいという場合ですが差額分を支払っていただくことによってプレミアムクラスなどの座席を利用していただくことはできるでしょう。

ポイントについてチェックをしておこう

株主優待券の利用ですが、ほかの割引チケットなどをお持ちの場合にはその双方を利用してさらなる割引をなどと考えることもあるでしょう。
しかし、割引の重複利用は不可となっております。
料金だけを基準に考えるのであれば、株主優待制度・そのほかのシステムなどを比較し最もお得な方法をチョイスするのがおすすめです。

また、シーズンについてですが規定はありません。
トップシーズン・週末など関係なく利用をしていただけます。

グループ企業に対する優待について

大きめのホテル
また、フライトばかりではなく、グループ企業の優待を受けられるというものもあります。
ANAホテルズグループジャパンが経営するものですと、ホテル利用の際、質量から20%割引という形で利用していただくことができるのです。

利用方法ですが、1枚の優待券利用につき連泊をしていただくことも可能となっておりますので非常に使い勝手が良いといえるでしょう。
マイレージクラブカードを持っている場合にも、ホテルの優待を受けることができるのですが、双方の併用は不可となっております。

また、宿泊ばかりではなくホテル内のレストランやバーの利用も飲食優待という形で10%割引で利用できます。

多くのシーンで活用できる

今回は、ANAの株主優待券の利用方法などについてみていきました。
旅行全体をみても利用するタイミングが多いかと思いますので、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

  ← 前の記事: