JAL株主優待券の特徴とは?

スターフライヤーの飛行機

JAL株主優待券の特徴とは?

航空会社といえばイメージされる方も多いのがJALではないでしょうか。
JALの株を保有しているという場合、株数によっては株主優待券が配布されるかとも思います。
ではここで、JALの株主優待券の特徴やポイントなどについてみていきましょう。

JALの航空運賃に対する優待

日本航空・JALエクスプレス・ジャイエア・日本トランスオーシャン航空・日本エアコミューター・琉球エアコミューター各社の航空運賃の割引制度を受けることが可能です。

座席のクラスですが、ファーストクラスやクラスJといったものに対して利用をしたいという場合、株主優待券からいくらかの差額分をお支払いいただくことで利用は可能となっております。

優待券を使用するときのポイントについて

優待券には有効期限がありますのでそちらを気にかけておきましょう。
有効起源については、優待券の券面に記載されているかと思いますので、あらかじめ確認しておくと安心です。

場合によっては、利用不可という場合もありますので予約を入れる際に優待券を使用したい旨を伝えていただくことをおすすめしたいと思います。

ツアーに対する優待券について

ツアーガイドさん
飛行機運賃に対する優待ばかりではなく、グループ企業や旅行のツアーにも対応できる優待券配布もあります。
JALパックツアーの商品であるという事がその条件ではありますが、正規旅行代金から7%割引という形で利用をしていただくことが可能です。

ここでポイントなのが「正規料金」からであるということです。
それ以外の場合には適用不可ということもありますので、ご注意いただけたらと思います。

詳細なガイドラインについて確認をしたいという場合、JALパックの「株主優待デスク」というところに電話をいれると小冊子が送られてくるかとおもいますので、持っておくというのも良いかと思います。

配布と期間について

航空券勇退に関しては、3月31日基準日配布・9月30日基準配布の2回でそれぞれ有効期限は1年となっております。

ツアー割引に関しては、3月31日基準日配布・9月30日基準日配布の2回で有効期限は半年となっております。

配布のタイミングは一緒となっておりますが、有効期限がそれぞれ異なってきますので把握をしておきましょう。

有効的に活用したいJAL優待券

今回は、JAL優待券の特徴などについてみていきました。
こうしたことについて把握しておくと、より有効的に優待券を活用していただけるかと思います。

  ← 前の記事: